back to top

About periodontal disease 歯周病について

歯周病は予防がとても大切。
歯周組織は破壊されたら
元には戻りません。

歯周病は、歯肉のみが侵される歯肉炎と最終的に歯を支えている歯周組織が破壊されてしまう歯周炎の総称です。
進行すると歯槽骨(歯を支えている顎の骨)がどんどん溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちたり、ひどい時には下顎が骨折してしまうこともあります。また、炎症部位などでは血管に細菌が入り込み、心臓病や腎臓病の引き金になる可能性もあり、予防・治療がとても重要です。

軽度歯周病

歯垢や歯石が付着していても歯周組織の破壊は軽度で治療は歯石除去(スケーリング)をはじめとする歯のクリーニングが中心になります。

  • 処置前:歯全体に黄色い歯石が付着している

  • 処置後:歯肉の赤みも改善し口臭も無くなりました

重度歯周病

軽度の歯周病を放置すると「歯周炎」になり、歯を支える骨が溶け、歯がぐらぐらし、出血したり痛みを伴い食事ができなくなることもあります。治療が遅れた場合、治療の選択肢は抜歯のみになっていまいます。

  • 処置前:分厚い歯石で歯と歯肉が覆われている

  • 処置後:病変を除去し歯肉を再形成しました

Other oral diseases その他の口腔内疾患

歯周病の他にも様々な口腔内疾患があります。ここでは代表的なものを症例と共にご紹介します。似たような症状や、何かいつもと違う様子を感じたら、お早めの受診をおすすめします。

  • 破折・咬耗

    破折・咬耗

    犬用の蹄や骨などの硬いおやつや玩具をかじり、歯が欠けてしまったり折れたり(破折)、歯が擦り減る(咬耗)状態のこと。治療方法は様々ですが、保存可能な歯に対しては歯内治療などが必要になるケースがありますが温存が見込めない場合は抜歯の適応となります。

  • 不正咬合

    不正咬合

    歯の位置や顎の骨格の異常によって、上下の歯がうまく咬み合っていない状態を指します。歯磨きなどのケアもしづらいため、歯周病や歯肉疾患にかかりやすくなります。乳歯期や永久歯への生え変わり期に口腔内チェックをしておくことをお勧めします。

  • 猫の歯肉口内炎

    猫の歯肉口内炎

    猫の歯肉~口腔の後部粘膜に、発赤や潰瘍、肉芽様組織の増生がみられます。症状としては、しきりに口を気にする、涎の増多、食欲不振などがあり、重症の場合では採食困難による体重の減少が起こる事もあります。内科治療が困難なため難治性口内炎とも呼ばれています。

  • 腫瘍

    腫瘍

    口腔内には様々な種類の腫瘍が発生します。腫瘍以外の口腔内疾患と鑑別をし、腫瘍の種類を同定するために病巣の組織生検が必要となります。腫れている箇所やできものを発見した場合は、お早めの受診を。